CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 5月19日(土) #6「神の子」

シングルマザーのクリスティーナが、赤ん坊のジョーイを残して銃で頭を撃ち死亡する。銃創や遺書などから当初は自殺と思われたが、手に血がついていなかったため、自殺に見せかけた殺人であることが判明。キャサリン、サラを筆頭に、CSIが捜査にあたる。
第一発見者であるクリスティーナの姉ラナは、妹にはエヴァンという恋人がいたが、彼がジョーイの父親かは分からないと語る。そして検死の結果、クリスティーナは処女のまま妊娠・出産したことが判明。現場から採取した大理石の破片からエヴァンの居所が割れ、キャサリンとウォリックが話を聴きに行く。しかし、彼は殺害とは無関係だと主張し、DNA鑑定でもジョーイの父親でないことが証明される。さらに、そのDNA鑑定により、クリスティーナ自身もジョーイの遺伝子学上の母親ではないことが明らかになる。

グレッグは、頭部から摘出した弾丸から銃の所有者を辿るうち、眉間のホクロが特徴的なサイと呼ばれる男が最後の所有者であるという事実を掴む。
やがて、クリスティーナはプロジェクト・サンフラワーという団体に登録していたことが分かる。この団体は、受精卵はすでに生命であるとの見解のもとに、不妊治療で余った受精卵を引き取り、胎児の段階から養子縁組を斡旋していた。クリスティーナも、ここで受精卵をもらい体外受精を行ったのだ。
キャサリンは令状を取ってジョーイの遺伝子学上の両親がジョンソン夫妻であることを突き止め、サラとともに会いに行く。夫のダンは事故で他界しており、残されたのは妻のケンリー。彼女によると、不妊治療で3回体外受精に挑んだがすべて失敗、諦めて受精卵の提供に踏み切ったという。また、クリスティーナを里親に選んだのは夫妻自身で、お互いの関係は良好だったと話す。しかし、クリスティーナが遺言でジョンソン夫妻をジョーイの後見人にしていたことから、親権欲しさによるケンリーの犯行の疑いが出てくる。
その後、参考のために持ち帰ったケンリーのブラウスから硝煙反応が出るが、彼女は犯行を否定する。事件の夜は1人で家にいたためアリバイの立証ができないケンリーだったが、彼女の母親サンドラは一緒に家にいたと異なる証言をする。
結局、サンドラのブラウスから血痕が発見され、キャサリンが彼女を取り調べる。サンドラは、遺書を書くのに使われものと同じペンを所持しており、死んだ夫が銃の最後の所有者サイであったことも判明する。娘に子どもを持たせてやりたい一心で、彼女はクリスティーナにむりやり遺書を書かせて殺したのだ…。

一方グリッソムは、副保安官マッキーンの幼なじみの娘が殺された件で、エクリーに呼び出される。被告の弁護人が昆虫学者のマーク・セイヤーを参考人に申請しため、グリッソムにその反証をさせようというのだ。セイヤーは、遺体に湧いたクロバエの成長度合いから被告の無罪を証明しようと、クロバエの形態変化をおさめた実験ビデオを用意していた。ビデオでは、クロバエが産卵してからサナギになるまでに15日かかっていたが、通常は11日のはず。しかし、テープに細工の様子は見られない。
何かトリックがあると疑うグリッソムは、実験初日のビデオの静止画像で死んでいるハエを見つけ、証拠として提出された幼虫の分析を行う。そして、実験で使用された豚にはマラチオン(害虫駆除剤)が塗布されていたため、ハエの成長が4日遅れたことを立証する。無事に被告は殺人罪で起訴、セイヤーは偽証罪で逮捕されることとなり、マッキーンはグリッソムに感謝するのだった…。


【鑑賞MEMO:豆知識】
Dr.ルース

処女がどうしたら妊娠するのか…ロビンスとニックの会話で登場したのがDr.ルース。アメリカのセックス・セラピストの第一人者で、安全なセックスを楽しむための指南書「Dr.ルースのセイファー・セックス・ガイド」の著者でもあります。この本は日本でも出版されていますので、ご興味のある方はご一読を。

【鑑賞MEMO:決めゼリフ】
「いいえ、オスカー・ワイルドは『野心は失敗の元』だと書き残しています」 by グリッソム

「サロメ」で知られるオスカー・ワイルドは、19世紀末を代表するイギリスの小説家・劇作家。人気作家としての絶頂期に男色罪で逮捕され服役。出所後は貧困のうちに不遇な晩年を送ったといいます。彼が残した数々の名言は、すべてグリッソムの頭の中にインプットされているのでしょうね。

【鑑賞MEMO:キャラクター】
キャサリンは中絶容認派、グリッソムは?

アメリカではまさに国を二分する議論である中絶問題。キャサリンは容認派だと自ら認めていましたが、こうした思想の問題が何気ない会話に織り交ぜられているところがこのドラマの侮れないところです。
さて、グリッソムは旧約聖書のレビ記を引用し、さらに受精卵は受精の18日後に血液を作り始めると博識ぶりを見せつけてくれましたが、彼は反対派なのでしょうか?

2007.5.19|CSI:6 科学捜査班、エピソードガイド|コメント(9)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15117075

この記事へのトラックバック一覧です: 5月19日(土) #6「神の子」:

コメント

私も子供が居るので、子宝に恵まれなかったり、晩生で、子供が欲しいと願っている方の心情の少ししか理解できないのだろうとは思いますが、
「それでも欲しい」からと、殺人を犯したあの母親の言葉に、キャサリン同様、言いようのない怒りを感じますね。
そんないわく付きの出生を与えられた子供のその後や、そういう意味で母親を失うことになる娘のことを考えないなんて、
この世の中に溢れる「短絡的犯行理由」に少しだけ悲しい気持ちになったのは、私だけでしょうか?
凄惨な事件が起こっているので、どうしても、リンクして考えちゃうんですよね、
人事だと高をくくってもいられない世の中なのが、酷く悲しいです。

投稿: hiwo | 2007.05.20 09時41分

CSIは父と二人ではまってマス!特に元祖ラスベガスが大好きですっ!グリッソムとグレッグのWGが大好きです!!
オフィシャルのグッズ、楽しみです☆当たるといいなぁ~('ω')/
次回はNYのステラの運命が気になります!
これからもCSI、応援してます!!

投稿: chicori | 2007.05.20 10時49分

グリッソム、今回もかっこいいです!出世よりもマッキーンに対するあのお願い・・・。渋くてかわいいですよね(>ω<)/
ニックがあまり出演がなくって残念。

投稿: chicori | 2007.05.20 10時56分

グリッソム、流石の虫好き!
しかし、ベガスではクロバエがよく出てくるね。

投稿: xhenlong | 2007.05.22 19時15分

CSIはまってかれこれシーズン6。やっぱり元祖ベガスが一番好き!!
好きなキャラはグリッソム(≧▽≦)
渋くてかっこいいけど、ぴょこぴょこ歩きとかがカワイくて。まさに『渋カワ』とはグリッソムの事だね!
オフィシャルグッズ当るといいな~!!

投稿: j-i-n | 2007.05.22 23時03分

csiをⅠ話から見ています。グリッソムの大ファンです☆セイヤーの鼻を明かしたグリッソムはやっぱりスゴイグリッソムの内股で歩く姿がスゴク可愛いく思います。グッズ欲しいナ~

投稿: pikopiko-sandaru | 2007.05.22 23時48分

CSIの1話目から大ファンになり、いつも楽しく見ています。初めは誰もCSIと言っても分かってもらえず淋しい気もしましたが、今では誰でも知っているドラマになりうれしいです。
ウォリックが大好きで、携帯の待ち受けにもしていますが、6シーズンで結婚してしまい大ショックです。
奥様の登場回数が少ないことを祈りつつ見ています。
ブログのOPENもとっても嬉しいです!
今後も遊びにきます。

投稿: bellyouko | 2007.05.23 13時30分

ブログ開設おめでとうございます!(*^-^)
これからもちょくちょく遊びにきます~(⌒∇⌒)ノ""
グッズも欲しいし(笑)

投稿: earthwind | 2007.05.24 00時01分

久しぶりにエクリーが出てましたね。この俳優さん、「スパイダーマン3」にちらっと出てました。CSIの出演者を他の番組や映画で見かけると何故かうれしい。

投稿: 800 | 2007.05.25 12時42分

コメントを書く