CSI:投稿ラボ

海外ドラマNAVI

WEEKLY NEWS

COLUMN/REPORT

About CSI:について

Category カテゴリー

Writers プロフィール

このコラムはこんなライターの皆さんが書いてます。

LumiLumi
好きな科学捜査はDNA分析。好きなキャラクターは、ホレイショ・ケイン。CSIを見ながらでもおいしくご飯がいただけます。


 【ミニコラム】#21「豹変」のエンディングで使われた曲は…

#21「豹変」の本編のエンディングで流れた曲、気になっていらっしゃる方もいらっしゃるのではないでしょうか。
曲名は「Samson」。歌っているのはRegina Spektor。ロシア出身で現在はアメリカを活動拠点とするシンガーソングライター兼ピアニストです。

今回は特別に、CSI:ニューヨーク2の翻訳を担当されている菅佐千子さんが、本編で使われた歌詞を翻訳してくださったのでご紹介したいと思います。

あなたは 私を破滅させる
初めて 心から 愛した人

私たちの頭上に 星が輝いていた

でも それは 過ぎし日の思い出
出会ったとき あなたの髪は長かった

サムソンはベッドに来て「君は赤毛だね」と言った
「美人だ」と言って ベッドに入って来た

私はある夜 ハサミであなたの髪を切った
「いい感じだ」と言って 私にキスしてくれた
日が昇るまでずっと キスを

サムソンは短い髪で ベッドにもどった
パンを一枚食べて 再びベッドへと
私たちは柱を 一本も倒せなかった
歴史から忘れ去られ 聖書に語られることも一度もない

私を破滅させる恋人
あなたを愛していた


いかがでしょうか?
ちなみに、サムソンは旧約聖書の士師記に登場するユダヤの士師の一人。怪力の持ち主のサムソンがペリシテ人に復讐する(最後に力を振り絞って神殿の柱を倒し建物を倒壊させる)物語は、「サムソンとデリラ」としてオペラや映画の題材にもなっています。

2007.5.27|CSI:ニューヨーク2、ミニコラム|コメント(5)トラックバック(0)

トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/209357/15117574

この記事へのトラックバック一覧です: 【ミニコラム】#21「豹変」のエンディングで使われた曲は…:

コメント

昨日観ていて映像と絶妙に合っている感じの曲だったからとても気になってました。
教えて頂きましてありがとうございます。

投稿: ウフウフ | 2007.05.27 10時53分

 作品の雰囲気やイメージを左右するという意味で、使用されている音楽は非常に重要だと思います。
 その音楽を聴いただけで、作品内容がイメージ出来る映画も多いですから。

投稿: やく | 2007.05.30 00時37分

海外ドラマは良い曲が使われていても、詳細がわからず、曲へメールすることも多かったのでこういうのは本当に嬉しいです。しかも訳詩まで!

声がジョアンナニューサムに似ていて好みです。早速購入します!

投稿: ワナワル | 2007.05.30 09時48分

歌詞と本編のシンクロがいいですね。
CSIシリーズに使用されている
楽曲は耳慣れないものでも
スット入ってくるものが多いですね。
それだけCSIとリンクしているということでしょうか?

投稿: ねおこ | 2007.05.31 21時03分

なぜか ジョニ・ミッチェル を
思い出してしまった・・

投稿: msy NY | 2007.08.21 22時58分

コメントを書く